豚の背脂をその背脂で…

2020.10.07

こんにちは!新橋駅徒歩6分、東京の新名所 新虎通りCORE内にあるシュラスコとブラジル料理の専門店シュハスカリア キボンです♪
キボンの味をご家庭でもお楽しみいただけるようにスタートしたオンライン販売は大変ご好評をいただいております!
フライパン1つでキボンの味を再現する事をテーマに加熱調理済み(一部除く)シュラスコ食材『プレ コジードSET』をぜひお試しください!
また、お店の仕込みと全く同じ食材をお届けするBBQセットもオンラインショップにてリリースしております♪
本格的かつ手軽で豪快なブラジリアンバーベキューをぜひどうぞ!!

前回からの続き。
パックから出した真っ白な豚の背脂を太めの棒状にカットしていきます。
あまり詳しくないのですが、ラーメンにチャッチャッとかけるのはこれを細かく刻んだものなのでしょうね。
そんな脂の塊をどうしていくというのでしょうか?

深い鍋にカットした背脂を入れ火にかけていきます。
写真はいかにも揚げているところのようですが、これは背脂から溶け出した脂。
揚げているのではなく、煮ているような感じです。
自らの脂で煮込まれるなんて、見ていて何だかやるせない気持ちになってしまいます…

ひとしきり煮たら肉(というか脂身)を引き上げ、脂を切ったあと冷凍庫に入れ荒熱を取ります。
その間に残った脂(ラードですね、結局)の温度を上げるべく火を強めていきます。
煙が出るほど熱くなったら冷やした脂身をそこへ投入!
ジュワッと音が弾け、カリカリのフライに!!

の、はずが温度がまだ低かったようで今回は失敗に終わってしまいました……
皮が固く、脂身の一部はグミのような状態。
豚の皮は油で揚げるとプルルッカというスナック的なお惣菜になりますが、トヘズモの場合、皮の部分はきっとそのようになるものなのでしょう。
僕はリベンジを誓い、洗い場に向かいました。

トヘズモを巡る旅は不定期ながら続けてまいりますので気長にお待ちください♪

シュラスカリア キボン新虎通りCORE店は皆さまのご来店をお待ちしております!

お問い合わせ
ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

050-5269-8538
ネット予約は24時間受付
ネット予約はこちら
Churrascaria Quebom! 新虎通りCORE店

Churrascaria Quebom! 新虎通りCORE店

住所

東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE2F

アクセス

JR 新橋駅 烏森口 徒歩6分
都営三田線 内幸町駅 徒歩5分
都営三田線 御成門駅 徒歩7分

営業時間

月~金
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:00)

土・日・祝
ランチ 11:00~15:00
(L.O.14:30)
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00)